京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年 3月 8日

PHOTO FLASH
校舎をお花でいっぱいに
きょうの一枚


宇治田原町立維孝館中
クリーンキャンペーン

 校舎を花で彩ろうと、宇治田原町立維孝館中学校(吉原昭校長、250人、岩山沼尻)の生徒が7日、「クリーンキャンペーン」に取り組んだ。地域のボランティア協力のもと、花の苗を約600株植えた。
 キャンペーンは、部活動や授業などで住民グラウンドなどの公共施設を利用していることへの感謝の気持ちを込め、毎年ボランティア活動の一環として年2回実施。夏休み前と春休み前に、花の苗植えや清掃活動を行っている。キャンペーン以外にも、2学期にはPTA(下岡貴史会長)が主催する美化清掃活動も実施している。
 3年生は入試のため、この日は1年生74人、2年生88人と教職員が参加。地域のボランティア「花いっぱいさあくる」(中井忍代表)のメンバー6人も協力した。
 吉原校長が「クリーンキャンペーンは古くから続く伝統行事。自分たちが使う場所は自分たちで奇麗にしていきましょう」とあいさつした。
 生徒たちは、各部に分かれて活動を実施。花壇の整備は美術部が担当し、「めっちゃ楽しい」と言いながら、パンジーなどの花を植えた。ボランティアと一緒に花の配置も工夫しながら取り組んだ。
 清掃を担当するクラブも、火バサミやほうきなどを手に、校舎やグラウンドのほか、隣接する町住民グラウンドやテニスコートに散乱しているゴミを回収。約30分かけて、学校周辺をきれいにしていた。【鹿野達郎】
【写真は花壇を花で彩る美術部のメンバー(維孝館中学校)】

HOME
読者コーナー
投 書 箱



山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ

copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109 FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。