京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年 7月 11日

TODAY NEWS

Welcome to キララ商店街
京田辺 京産大生ら手掛ける

14日 初のアコースティックライブ開催



 京田辺市河原のキララ商店街で14日(土)、「商店街ライブ@キララ商店街」が開かれる。同商店街を会場に初めて開かれるライブは、学生が主体となり企画。ポピュラーなカバー曲の演奏もあり、大人から子ども、親子連れなど、多くの参加を呼び掛けている。

 京都産業大と大谷大の学生が中心となってつくる「商店街ライブ実行委員会」(原田廉也代表、20人)が主催、キララ商店街(田原剛理事長)が共催する。
 同実行委は「音楽を通じて、商店街と人をつなげたい」と、2017年4月に発足。以来京都市内を中心に、これまで4ヵ所11回のライブを開いてきた。会場となった商店街では、店主と客の間に会話が生まれ、地域とつながるきっかけづくりの効果もあったという。
 キララ商店街を舞台に今回は、大学生世代5組のグループが登場。サークルだけでなく、大学の枠を越えて結成するユニットも出演し、アコースティックライブを届ける。
 曲はオリジナルの他、多くの世代が楽しめるようにと「にじいろ」(絢香)や「何度でも」(ドリームズカムトゥルー)、「涙そうそう」(ビギン)などのカバー曲も披露する。
 関西地方では梅雨が明けたとはいえ、5日から降り続いた雨の影響で、西日本各地で被害が出ている状況。大雨への危機感が高まっている中、来場者には同市のハザードマップも配布する。
 田原理事長(49)は「学生が主体となり、自分たちのネットワークを使って事業を展開している。イベントで地域や世代がつながり、定期的に学生が活躍できる場になれば」と期待した。
 京産大2回生の原田代表(23)は「京田辺では初めての試み。普段はライブハウスでしか聞けないようなクオリティの高い音楽を、敷居の低い身近なところで感じてほしい」と意欲を見せ、「温かい雰囲気の中、ライブ空間を楽しんでいただけたら」と呼び掛けている。
 場所は近鉄新田辺駅を降りて東に徒歩1分のキララハウス(かたりべ横)。午後1時に開場し、1時半からライブ開始。各組30分の出演時間を予定している。午後4時まで。ライブ後には交流の場も設ける。
 入場無料で出入り自由、希望者は直接会場へ。席は20〜30席を用意、客の入りにより、立ち見スペースも設ける。ソフトドリンクを100円で販売する他、商店街の店舗もコロッケなど飲食ブースでライブを盛り立てる。つまびくメロディに誘われ、キララちゃんも笑顔で登場するかもしれない。【谷貴生】
HOME
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。