京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年 3月 8日

TODAY NEWS

経験踏まえ 手際よく種植え
久御山町立佐山小

本年度最後の農業体験



 久御山町立佐山小学校(村田定弘校長)で6日、本年度最後の農業体験学習が行われ、3年児童がジャガイモの種植えをした。
 この日は、指導役の同校区青少年健全育成協議会(大西洋三会長)の役員など8人が訪れた。学校菜園に集まった児童を前に「種芋の芽が出ている部分を上向きにして植えて」と伝えると、さっそく取りかかった。
 植えたジャガイモは、幅広く調理できる品種の「男爵」。JA久御山支店から提供を受けた。児童は1年間の経験を踏まえ、慣れた手つきで種芋を植えていった。前日に降った雨であぜ道はぬかるんでいたが、250個用意した種芋はみるみる減っていき、作業はあっという間に完了した。
 大西会長は「ジャガイモはいろんな料理に使える。きょう植えたジャガイモは、6月ごろに今の2年生が収穫する。給食でも活用されると思うから、みんなはそこで味わって」と話していた。
 また畑の余ったスペースには、青少協メンバーがもっちりした食感が特徴の「キタアカリ」を植えた。【盛川振一郎】
HOME
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。