京都:山城地方のニュースをお伝えします

2018年 3月 5日

TODAY NEWS

支持拡大に火花
京都府知事選





 京都府知事選挙(3月22日告示、4月8日投票)に立候補を表明している前復興庁事務次官の西脇隆俊氏(62)と弁護士の福山和人氏(56)が3日、選挙母体が主催した総決起大会や府民大集会でマイクを握り、支援を呼びかけた。

■山田府政の継承発展に全力
 西脇氏を激励
 「活力京都」が総決起大会

 西脇氏を支援する活力京都の会の総決起大会は京都市左京区のみやこめっせで開かれた。登壇した西脇氏は「『安心 いきいき 京都力』の3つをキーワードに現場主義で府民の皆さんと一緒に汗をかき、オール京都で山田知事が築いてきた礎を継承発展させ、新しい時代の京都づくりに挑戦したい」と支持を訴えた。
 総決起大会は自民、公明、民進など府政与党や各種団体で構成する活力ある京都をつくる会(会長=立石義雄・京都商工会議所会頭)が主催し、3000人(主催者発表)が集まった。
 山田知事は4期16年にわたる支援にお礼を述べ、「しっかり府の行政を進め、いい時に、いい人に、いい形で引き継ぐことが皆さんの力で押し上げていただいた私にできる最大の恩返し」と述べ、西脇氏を「最高の後継者を迎えることができた」と称え、「しかし選挙は不得手。これからひと月間、西脇さんと共に歩み、しっかり思いを伝えて」と支持を求めた。
 二ノ湯智(自民党府連会長)、竹内譲(公明党府本部代表)、安井勉(民進党府連会長)、泉健太(希望の党府連会長)、福山哲郎(立憲民主党府連会長)、橋元信一(連合京都会長)の各氏が国土交通省(建設省)で培った西脇氏の行政手腕などを称え、知事選での圧倒的勝利に向けて気勢を上げた。【岡本幸一】


■必ず勝つ、共に勝利の美酒を
 福山氏「府民とのパイプ大事」
 「つなぐ京都」が府民大集会

 福山和人氏を迎えた「3・3府民集会」は文化パルク城陽でが開かれた。集まった千人の支援者を前に福山氏は、貧困対策や脱原発を訴えかけた。
 府民大集会は、福山氏を応援する個人、団体(新しい民主府政の会)の代表者ら5人が呼びかけ人となり結成された「つなぐ京都」が主催して開いた。
 集会では冒頭、中村あゆ美安保関連法に反対するママの会@宇治代表が、「今とてもわくわくしている。福山さんは『色々な意見に耳を傾けます』と言われています。やんちゃでお茶目な一面もある福山さんは素敵な人」と福山氏の魅力をアピール。呼びかけ人のひとり槌田劭使い捨て時代を考える会元代表は「選挙は好きじゃない」のに、「無駄な投資をして大会社を儲けさせる役所から落下傘で知事候補が現れた」のに刺激を受けて、「戦争法反対や脱原発訴訟を通じ知りあった福山氏を応援することになった」と支援団体結成のいきさつを明らかに。
 幼稚園から高校までずっと一緒だったという武尾正信くりくま保育園長は、小学校時代にやんちゃをして、共に中庭で正座をさせられた時のエピソードを紹介した。
 福山氏は「地裁は泣いた」(毎日新聞の記事見出し)で知られる、尊属殺人事件を詳細に紹介、涙と嗚咽をこらえながら「生活保護行政の不条理」が、人の命を奪う現状に怒りを込めた。
 このあと、「京都府を府民が実感できる府政を」「国とのパイプを否定はしない。しかし、大事なのは府民とのパイプ」など、政党色、イデオロギー色が感じられない独自の主張を展開した。【藤本博】
HOME
読者コーナー
投 書 箱
プレゼントコーナー


山城エリアガイド
企業&商店情報


洛南タイムス
購読申し込み
広告案内
会社概要
洛タイ福祉事業団
サイトの著作権



洛タイトップページ


copyright©洛南タイムス社
京都府宇治市宇治壱番26
TEL 0774-22-4109
FAX 0774-20-1417

※このサイトに掲載する記事や写真、その他のデータの著作権は、洛南タイムス社
またはその情報提供者に属します。無断転載を禁止します。